ドラム教室の理念、目標

下北沢のドラム教室/ドラムスクールPMG♪

当ドラムスクールでは上記内容を理念とし、レッスンを行っています。
体験レッスンも行っておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。

体験レッスン実施中

PMGのドラム教室のレッスンがオススメできる理由♪

当教室では「音楽を楽しむ」「人前で演奏をしたり、音楽仲間を作ることを応援する」「初心者から上級者まで高いレベルで対応できる」事をレッスンの方針としています。

教室の特徴、おすすめの理由

レッスン内容について

当ドラムスクールでは、「音楽を楽しむこと」を理念としてレッスンを行っております。

それは楽器の演奏力の向上、音楽から得られる喜び、幸せの大きさの向上は全て「楽しむ姿勢」から生まれると考えているからです。

、、、詳細を読む

講師紹介 PMGドラム教室下北沢の先生

講師写真

ドラム講師 アベレイナのプロフィール

小学生の頃からエレクトーンを通じ音楽に触れ合い、高校時代よりドラムを始める。

専門学生時代はロック、ポップス系のバンドに所属し技術を磨きながらも、ジャズやラテンなど幅広い音楽に興味をもち研究、セッションを重ねた。
プロジェクトへも積極的に参加し、ワンマンライブのバックバンドやプロジェクト代表バンド等、数々のステージを経験。
パーカッション奏者として活動中のユニットは、ライブハウス創刊の月刊誌にピックアップアーティストとして取り上げられるなど精力的に活動。

ドラムの基礎を小保方光児氏に師事。ドラマーに必要なノウハウ、テクニックを榎本弘幸氏に師事。

初心者も経験者も楽しめるレッスンを中心に、ジャンルにとらわれず音を楽しむということに重点をおきながら活動している。

★生徒さんへのメッセージ★

はじめまして!

これから初めて楽器を触る方も楽器に触れたことがある方も、一緒に音楽の楽しさを共有していきましょう♪

最初は分からなくて当たり前です。出来なくていいんです。

私もやり方もなにも分からず、困っていた1人でした。

同じ悩みを抱えていた人間だからこそ、分かることもあると思います。

楽しい!知りたい!出来るようになりたい!など、少しのきっかけがあればそれが上達のポイントになります。

今まで知らなかったことを知る嬉しさ、出来なかったことが出来るようになる喜び、たくさんの可能性のお手伝いをします。

お会いできることを楽しみにしています♪

レッスン内容

基本的には生徒さんの目的、目標に合わせてプログラムを組んでいきます。

そしてどんな時であっても気になることや興味がわいたものがあれば、そのきっかけを大切にしていきたいと思っています。

初心者の方にはまずドラムを楽しんでもらうところからはじめています。
スティックの持ち方や座り方、気になったことは全て丁寧に教えますので安心してください。
楽しみながら、生徒さんに合わせたペースでレッスンを進めていきます。

また、小さなお子様向けの教材も用意してますので、 笑顔の多い時間の中で音楽に触れていただいております。

経験者の方には、基礎のベースアップをはじめ、求めているものはどうしたら手に入るのか、そのために必要な練習方法や知識をお教えします。
そしてさらに音楽を好きになってもらえるように、+αのレッスンをしていきます。

レッスンを重ねる中で、今まで気付くことのなかったことをたくさん発見すると思います。

上達に合わせてレッスンを進めていきますので、一段一段一緒にステップアップしていきましょう。

生徒さんだけのドラミングを探し、より深めるレッスンをします。
あなただけの音色を一緒に奏でましょう。

また、カホンを使ったレッスンや電子パッドを使ったレッスンにも対応しております。

“今度バンドでアコースティックライブをすることになった”“ちょっとだけ触ってみたい”どんなきっかけでも構いません。興味を持ったら一度お声掛けください。

あなたの知らなかったリズムが聞こえてくるかもしれません♪

体験レッスン実施中
※お問い合わせを頂いた方から優先してレッスン枠が埋まってしまいますので、レッスンご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい!ご希望のレッスン時間がある場合は特にお急ぎ下さい。

コラム【バスドラムの打ち方~1つ打ち編~】

バスドラムのペダルの踏み方には様々な種類があります。
スピードやパワー、コントロールのしやすさがそれぞれ変わってきますので、ジャンルやテンポによって踏み分けることができると表現の幅が広がります。
今回は基本となる1つ打ち、ヒールアップ奏法とヒールダウン奏法について説明します。

・ヒールアップ奏法

膝とかかとを持ち上げて、すとんと落とす最も分かりやすい奏法。

膝を持ち上げて、かかとをペダルから持ち上げる。
フットボードがブラブラとしないように、つま先は軽く触れる程度にペダルに残しておく。
そして、持ちあがった脚を、重みを使ってそのまま下へすとんと落とす。
この時足首の力を抜いておき、かかとが着地するのと同時にペダルが踏み込まれて、ビーターがヘッドに当たるようにする。

・ヒールダウン奏法

かかとをつけたまま叩く奏法。鍛錬が必要だが、モノにすることができれば表現力が豊かになる。

かかとをペダルにつけたまま、足首から先がフットボードに接着されたような状態で踏み込む。
この踏み方は、フットボードと脚が密着しているためにビーターの動きを細かくコントロールすることができ、ビーターがヘッドにタッチする感触を感じながら演奏することができる。
ジャズドラマーがよく好む奏法でもある。

【コラム作成 講師 アベレイナ】

 

大人のドラム初心者にも、ジャムセッションがおすすめな理由

「ジャムセッション、なんて上手な人が行く場所でしょう?」と初心者ドラマーさんは思うかもしれません、、

ですが逆に、「大人でドラムを始めた人ほどセッションに行くのがオススメ」な理由を下記の記事で紹介してみましたので、是非ご覧ください!

大人の楽器初心者(ギター、ベース、ドラム等)は、ジャムセッションというものに行ったほうが絶対に良い理由!!

ドラムって、絶対的に一人だけで練習しているよりも、他のパートの人と一緒に演奏したほうが楽しい楽器ですよね、、

でも大人になってから楽器を始めた場合はなかなかそんな仲間が見つからないものです、、、

ジャムセッションに行って、ドラムを演奏する機会、そして音楽仲間を探しましょう!!

「行って初めて、ドラムの楽しさがわかった!!」と言っている人も多いですよ!!

 

ドラマー用、自宅練習用のパッドについて

自宅でドラムの練習が出来る人なんて日本にはほとんどいないですよね、、

もしいれば、お近づきになりたいです。広い家、防音のある家、ドラムの演奏、練習ができる家、、憧れます(笑)

ですので、ほとんどの方にとっては練習用パッドがドラマーの家練習でのお供として必須になっているはずです。

 

今回はその練習用パッドについて解説します!!何を強化したいのか、によって、選ぶポイントは異なってきますよね!

1メッシュなどの消音効果の高いパッド。

→跳ね返りが強く、打感は本物のドラムとは異なりますが、消音性はとても高くオススメです。正直、パッドの「タカタカ」という打音は以外と音抜けがよく、深夜どころか夜9時以降は正直を気を使いますからね、、

2ムーンジェルタイプなどの、手首の強化にテキしたパッド

→こちらのタイプだと跳ね返りが少ないため、跳ね返りに頼らない演奏がしやすいはずです。手首の強化にも役立つでしょう。

3実際のドラムの叩き感に近いパッド(プラタパッド)

→やはり、実際のドラムと感覚が近い、というのは大きなメリットですよね。多くのタイプのパッドがその点を重視していると思われます。

優れたドラマーになるために、ご自身の理想に近いパッドを探してみて下さい!それではまた♪

ドラムコラム 身体への負担を減らす、ストレッチをしよう。

ドラマーはギター、ベースとは異なり、座っての演奏が基本となりますよね。

まれにスタンディングで演奏するドラマーもいますが、、、今回は触れないでおきます(笑)

そのため、ドラマーは腰や背中への負担が大きく、長年続けているドラマーなどは腰痛持ちが多かったりします。

知り合いのプロドラマーも苦労している方は多いです。

まぁ、若い方はまだ関係が無い方も多いと思いますが、いずれにしろ、長くドラマーとして楽しんでいくにあたって、健康であることに越したことはないですよね?(^^)

ついドラムの練習中は集中する余り、同じ姿勢のまま長時間が過ぎていた、、ということもあるかと思います。

同じ姿勢のまま数時間腰などに負担がかかっているとやはり何か身体のトラブルの原因になりやすいです。

演奏前、演奏後、そしてできれば長時間演奏するのであれば、その間に休憩をとって、ストレッチを行い、身体をほぐすようにして下さい。

腰や背中はもちろん足、手首など全体的なストレッチをする習慣をつけて、

いつまでも長くドラムを楽しめるような習慣にしましょう!

下北沢ドラム教室のレッスン地域

【当ドラム教室、ドラムスクール、ドラムレッスンの近隣地域/駅/エリア】 
小田急線、小田急小田原線、京王線、京王井の頭線、下北沢
お問い合わせページはこちら