ベース教室の理念、目標

渋谷のベース教室/ベーススクールPMG♪

当ベーススクールでは上記内容を理念とし、レッスンを行っています。
体験レッスンも行っておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。

体験レッスン実施中

PMGのベース教室のレッスンがオススメできる理由♪

当教室では「音楽を楽しむ」「人前で演奏をしたり、音楽仲間を作ることを応援する」「初心者から上級者まで高いレベルで対応できる」事をレッスンの方針としています。

教室の特徴、おすすめの理由

レッスン内容について

当ベーススクールでは、「音楽を楽しむこと」を理念としてレッスンを行っております。

それは楽器の演奏力の向上、音楽から得られる喜び、幸せの大きさの向上は全て「楽しむ姿勢」から生まれると考えているからです。

、、、詳細を読む

講師紹介 PMGベース教室渋谷の先生

大崎のギター教室

ベース講師 石綿 亮 のプロフィール

15歳でベースを始める。 高校時代、軽音楽部が存在しなかった為自身で部活を立ち上げ、顧問の先生とCDを制作、その後音楽専門学校へ特待生で入学。在学中からプロミュージシャンとして活動を開始する。

同校を首席で卒業後、地元で年間100本のペースで活動し、22歳で上京。
上京後は各地のセッションに積極的に参加し、都内のプロミュージシャンらと交流を深める。

現在は関東を中心にPops, Rock, R&B, Funk, Fusion, Jazz, Soul, Blues, 演歌など様々なジャンルでライブサポート、レコーディング、セッション等、年間200本近くのペースで活動している。

★生徒さんへのメッセージ★

はじめまして、講師の石綿亮です!
レッスンで一番大切にしている事はコミュニケーションです!
これが無ければレッスンは成立しません!
音楽の素晴らしさや楽しさが伝わるレッスンを目指し日々研鑽しています。

レッスンに来られる方々は楽器を触ったことのない初心者からバリバリ弾ける上級者まで様々なレベルの方がいますが、私のレッスンではその方一人一人のレベルに合わせて進めていきます。

これから楽器を始めようと思っている方は「ちゃんとレッスンについていけるかな……」とか「楽器を買っても続けていけるかな……」などの不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

始めようとして始めない人生より、一歩踏み出して今までよりももっと身近に音楽のある人生にしませんか?

後になって「ああ、あの時一歩踏み出していて良かった」と思えるよう、みなさんの「音楽のある人生」を全力サポートします!!

レッスンスペースについて

基本的にはJR中央線の新宿駅~吉祥寺駅間、または東京メトロ丸の内線の新宿駅~荻窪駅間周辺にあるレンタルスタジオでレッスンを行います。
東高円寺駅にある講師の自宅でのレッスンも可能です。

 

ベース講師 林 勇太郎 先生

新百合ヶ丘のベース教室 マンツーマンのプライベートレッスンなので、各人に合ったレベル・スピード・ケアで無理なくスキルアップ、また現役プロベーシストの生きたアドバイスが受けられます。

★経歴:16歳でベースを始め、高校の吹奏楽部で コントラバス、バンド?活動も平行しベースを始め、当初からクラシック、 ロック、JAZZ、フュージョンなど幅広く音楽に触れる。 高校卒業後、成城大学へ進学。19歳から本格的に音楽活動を始め、都内を中心にブラックミュージック、ジャズを中 心とした演奏活動、シンガーのサポート、レコーディングに参加。

ベースを日野"JINO"賢二氏に師事し約1年間ローディーもつとめる。

【略歴】

2010年 歌手 近藤晃央(Sony Music)のバックバンド参加

2011年1月より1年間、「世界一周ストリートライブの旅」と題し、ほとんど無一文で日本を飛び出し、アジア、ヨー ロッパ、アメリカ計15カ国を旅 し、各国でコンサートを行う。 この旅の中でベルリン、NYでは半年間修行。NYでは ハーレムや教会でライブ、セッション、地下鉄でのストリートライブの日々を送る。 Jazz 誌”Jazz Life”にこの旅に関 するインタビューが掲載される。

2012年1月に帰国。拠点を日本に戻す。

2012年11月 Jazz Sax奏者MALTA氏率いる"MALTA Jazz Big Band"のオープニングアクトを飾る。

2013年5月 自身の所属するバンド×ダンサーのチーム"TAP JAM CREW"が国会でパフォーマンス。ダンス規制法署名推 進委員会"Let's Dance"と共に 「ダンス規制法改正」の請願署名15万筆 を国会に提出。この様子は朝日新聞を初め、報 道ステーション、News Zeroなどテレビでも多く報道される。

2013年7月 アニメ"ONE PIECE"の主題歌"HANDS UP!"を歌う歌手 新里宏太(avex) のバックバンド、及びミュージック ビデオに参加。

2013年8月 日テレ系列「ミュージックドラゴン」新里宏太のバックバンドとして出演 2013年8月 NHK 「MUSIC JAPAN」新里宏太のバックバンドとして出演

2013年10月 歌手 ericaの「レール~キミのもとへ会いにいくよ~」(BS日テレ「鉄道発見伝」タイアップ曲)にレコーディ ングで参加

2013年10月 歌手erica「決意の日」(2013/12/4リリース)のレコーディング参加。

2013年12月 TBS「日本レコード大賞」に新里宏太のバックバンドとして出演。新里宏太は最優秀新人賞を受賞。

講師紹介

講師 時枝 弘 のプロフィール

東京生まれ。高校時代からベースを始め、バンド活動等を通してRockやMetalに没頭。2005~2008年まで MIDIプログラマーとして音楽制作会社に勤務し、2009年にバークリー音楽大学へ奨学金を得て入学。

在学中は映画音楽科で作/編曲を学ぶ一方ベーシストとしても様々な国のミュージシャンと共演。また学内でTutor(補講講師)として音楽理論等を生徒に指導。

卒業後はアメリカでイベント、フェスティバル等での演奏活動の他、作/編曲家としてインド人シンガーTruptiと制作活動を開始。

2013年に帰国しCM音楽制作や、ベーシスト、作/編曲家として日本での活動を開始。2015年にはイギリスの作曲コンテスト UKSCのR&B/URBAN部門にてTruptiとの共作 ”I Will Bleed” がファイナリストに選ばれた。

レッスン内容

生徒さんの希望をベースに、基礎や実践的なテクニックの発展を目指して進めていきます。また、バークリーでの補講指導経験を生かして、音楽理論に関してもしっかりカバー出来ます!

★生徒さんへのメッセージ★

楽しくかつ真面目に弾くことを目的にやりましょう!一方的なレッスンではなく、コミュニケーションをしっかり取りながらリラックスしたレッスンにしましょう!

 

体験レッスン実施中
※お問い合わせを頂いた方から優先してレッスン枠が埋まってしまいますので、レッスンご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい!ご希望のレッスン時間がある場合は特にお急ぎ下さい。

ベースコラム 楽しくベースの練習をするために!

ベースはバンドのボトム/基礎を支えるポジションです。

一見するとギターに比べ地味な存在に扱われがちですがとんでもない!

とってもやりがいのある奥の深いパートです。

私の知り合いのプロベーシストなど、「元々、一番簡単だろうと思ってベースを始めたのに、今は【しまった!何て難しい楽器を選んでしまったんだ!】と思っているよ」と言っていました(笑)。

それだけ、奥深い、やりがいのあうパートなんですね

但し、ギターなどと比べて家で一人で弾いていると、和音やメロディを演奏することが少ない分、飽きが出てしまいやすい面があるかと思います。

今回は、ベース演奏のレベルを高めるために、練習を工夫して楽しむ為の心がけについて書いてみたいと思います。

【ベースの練習を楽しむことを重視している、という認識を再確認する】

当たり前のことですが、「楽しむ事を重視している】という認識を持つことは意外と見落としがちなのです。

「効率的に上達するには?」「今は何の練習をするべき?」などと考えすぎてしまった結果、

元々はモチベーションが高かったから色々考えていたはずのことが、

ベース練習の楽しさを奪ってしまうことがあります。結果あまり練習しなくなってしまう人も、、、。

どんな人にも、練習する時間には限りがあるものです。一日のベース練習メニューの中には、

「めいいっぱい楽しむための時間」「楽しむスキルを上げる時間」を設定してあげることが大切かもしれませんね。

【集中する時間と、ながら練習をする時間を分けてみる】

例えば「よーし今日は3時間練習するぞ!」と決めていたとしても、

本当にその時間目一杯集中するのは簡単なことではありません。

例えば、指の体操がわりの運指練習、スケール練習やフィンガリングのフォームを固めるストレッチ的なトレーニングであれば、「野球の中継などをみながら、反復練習をする」という気分転換をしながらでも効果があることもあります。

全ての時間に集中しなくてはいけないというのは特に趣味でベースを弾いている人には敷居が高いですよね?

気軽にベースに触れている時間を増やすことができると良いのでは無いでしょうか?

【練習メニューには、CDなどの音源と合わせて楽しむ時間を作る】

ストイックな思考になるとつい、基礎練習やメトロノームの練習をしただけで「練習をした気分」になってしまいがちです。

もちろんバランスが大切なのですが、一日の練習の中には「曲に合わせる時間、CDなどのドラムに合わせて演奏する時間」を設けるようにしましょう。

運指練習などの基礎練習や、メトロノームの練習はあくまで「アンサンブルに活かすための練習」のはずです。CD等に合わせてアンサンブルをして、「楽しみながら、他のパートにも耳を傾ける習慣」を作りましょう!

ベースラインは細かいニュアンスにこだわってコピーしなければ死活問題!

ベースほど、休符や音の長さのニュアンスへのこだわりが求められる楽器は無いのでしょうか?

特に、音の切り方については、ギターリストとの認識にはある程度差があるように感じられます。

ベーシスト同士が音の切り方や伸ばし方について興奮気味に討論していることや、有名プレイヤーの音の切り方や休符の長さについて絶賛している光景はよく見られるのですが、

ギターリスト同士だとまれに思います。(ギタリストは機材の話や、テクニカルな話題をしていることが多いですね(笑))

もちろん、貴方がまだベースを始めて間もない初心者さんであれば、まずはタブ譜を見て、音を追えるようにするのが最優先で構いません。

CDやオリジナル音源に合わせてベースを弾いて、楽しむことが最優先で良いですよね!

但しある程度経験のある中級者さん~上級者さんベーシストであれば、

「音の切り方、伸ばし方」
「休符の長さ」
「グリスやスライドのニュアンス」
「ピッキングの強弱」

などは、徹底的に拘ることが望ましいですし、求められます。

正直、テクニカルな部分を求められることが少ないベースという楽器の特性上、上記のような(一見)細かい部分に見える「ニュアンス」への造詣の深さは非常に重要となります。

その部分へのこだわりがベーシストとしての評価の大部分を占めていると言ってもよいでしょう。

もしタブ譜を使ってのコピーをするのであればまずは譜面に書いてあるニュアンス記号(グリス、スライド、ハンマリング・オン、プリング・オフなど)に気をつけることはもちろん必要です。

そしてその上でよくオリジナル音源を聞き、どのようなニュアンスを出しているのか?奏法を使っているのか?ドラムとのコンビネーションは?

そういった部分についてよく考えることで一歩進んだプレイが出来るようになるはずです!

耳コピなどでベースラインをコピーする時はなおさら、ニュアンスへのこだわりを強く持ってコピーしてみましょう!

こだわりが強くなればなるほど、ベーシストとしての評価は上がっていくはず!頑張って練習してみてくださいね!

 

渋谷ベース教室のレッスン地域

【当ベース教室、ベーススクール、ベースレッスンの近隣地域/駅/エリア】 
渋谷、渋谷区、代々木、新宿、山手線、京王線、埼京線
お問い合わせページはこちら