ギター教室の理念、目標

荻窪のギター教室/ギタースクールPMG♪

当ギタースクールでは上記内容を理念とし、レッスンを行っています。
体験レッスンも行っておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。

体験レッスン実施中

PMGのギター教室のレッスンがオススメできる理由♪

当教室では「音楽を楽しむ」「人前で演奏をしたり、音楽仲間を作ることを応援する」「初心者から上級者まで高いレベルで対応できる」事をレッスンの方針としています。

教室の特徴、おすすめの理由

レッスン内容について

当ギタースクールでは、「音楽を楽しむこと」を理念としてレッスンを行っております。

それは楽器の演奏力の向上、音楽から得られる喜び、幸せの大きさの向上は全て「楽しむ姿勢」から生まれると考えているからです。

、、、詳細を読む

講師紹介 PMGギター教室荻窪の先生

講師紹介

講師 川村 隆  のプロフィール

川村 隆 Takashi Kawamura 栃木県出身

16歳の時ロックに目覚め、ギターを始める。
ミューズ音楽院ギター科へ入学、同校マスターコースへ進学、卒業。
ロック、ポップスからブルース、ジャズ、ファンク、ラテンなど、様
々な音楽に触れる。

在学時より、サポートやレコーディング、作曲など様々な経験を積み、
平行してプロ活動を開始する。

自信のバンドで積極的にギター、作曲をしている経験から、バンドの中やそれ以外でも役に立つ知識や技術、テクニック、 最初から最後まで使える基礎や音楽理論まで教えます♪

裏技的トレーニングで楽しみながら効率的に練習しましょう!

初心者の方も、これからバンドを組んでみたい方でも、 楽しみながら上達していきましょう!

 

大崎のギター教室

ギター講師 永田ノエルのプロフィール

父親の影響で16歳からベース、ドラム、ギターを始め、セッションギタリストを目指し専門学校に入学。スケールや音楽理論を学び、在学中のオーディションでメジャーレコード会社所属の新人アーティストのギタリストを務めるなどを経験。
その後は様々なアーティストのバックギタリストとして活動し、現在はgabaというバンドで都内を中心に活動中。
バンドHP http://gaba-band.jp

得意ジャンルはロック、ポップス、ファンク、ブルース、メタルなど。
レッスンスペースについて
荻窪リンキィディンクスタジオ
東京都杉並区西荻南3-17-2
TEL:03-3335-9131

しっかりとした設備で、
リラックスできるアットホームな雰囲気です。
レッスン内容
当ギタースクールではギターという楽器ならではの楽しさ、人と演奏する面白しろさを理念にレッスンを行っております。

初心者の方も大歓迎です!

音楽理論や譜面の読み方よりも、音のニュアンスやグルーヴなど体感して初めてわかる、実際に人と会ってからこそ理解できるレッスンを行っております。

また生徒さんそれぞれの音楽の趣向やレベルに合わせて一人一人丁寧に対応致します!

体験レッスンのお申込み、お待ちしております♪


 

体験レッスン実施中
※お問い合わせを頂いた方から優先してレッスン枠が埋まってしまいますので、レッスンご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい!ご希望のレッスン時間がある場合は特にお急ぎ下さい。

ギターコラム 講師のコラム

初心者のうちにしっかりべきことは

それはズバリ「チューニング」です。

初心者のうちはすぐギターを弾こうとして
「チューナーは持ってるけどチューニングを疎かにする」
ことが非常に多いです。

「昨日チューニングしたし大丈夫」
そう思うかもしれませんが、特に安価なギターだとチューニングはズレやすく、
実際に演奏中にズレることも多々あります。
そして初めたばかりの頃はピッチのズレに気付きにくいものです。

正しいピッチで演奏することで、耳も良くなりますし、
チョーキングやビブラートといったテクニックの習得も正しくスムーズになります。

でも「初心者セットについているチューナー」
これが一々シールドを繋げないと反応しないものだったりして、
「早くアンプでギターを鳴らしたい!」と思う人にはやはり面倒に感じてしまいますよね。

そこでオススメなのが「クリップチューナー」
ギターのヘッドに装着し、弦を弾いた振動で音程を拾ってくれます。
最近はとても安価で高性能なものが多く、
バンドの演奏中でも反応するので僕も常に常備しています。

僕のレッスンではまずチューニングから始めます。
しっかりしたピッチで弾く癖を早くからつけていきましょう!

/藤井健太朗

バンドを始めたばかりの人へのアンサンブル講座

今回はバンド初心者の方へアンサンブルを上手にまとめるコツを2つ教えたいと思います!

アンサンブル、すなわち複数人で演奏するということは難しくもあり、また人と一緒に演奏する醍醐味もあります。

なかなか最初は上手くいかないと思いますが是非人と演奏する楽しみを体験して欲しいですね!

アンサンブルのコツその1
【音色】

まず音色についてです、
音にはざっくりと分けて低音域、中音域、高音域があります。
例えば2人ギタリストがいるバンドだったとして2人とも中音域を強調したアンプ設定だった場合、互いの音がつぶれてよくわからくなってしまいます。
これはギターに限った話ではなくてボーカルとベース、ベースとドラムでも起こりうることです。
だから一人でギターを弾いて、「かっこいい音だ!」と思っても、それはバンドに適した音色ではないのかもしれません。
バンドで音を作る時は一緒に演奏しながらお互いの音を聞いてアンプのつまみを調整しましょう!

アンサンブルのコツその2
他の楽器と同じことをしない

アンサンブルはそれぞれがそれぞれの役目を果たしてこそのアンサンブルです。
僕はできるだけ他の楽器と被らないフレーズや音域を弾くようにしています。
例えばベーシストがリフを弾いたとします、そんな時ついつい同じリフをギタリストは弾きたくなってしまいます。でもそこでそのリフのコードだけ弾くなんていうのも面白いですよ。
もちろん場面によっては全員が同じことするのもアリですが、他の楽器とのこういった駆け引きが曲に展開を作ったり面白くする要素になると思います。

以上アンサンブルのコツでした。
本当はもっとたくさんありますが続きはレッスンで聞きにきてくださいねー!笑

/永田ノエル

 

荻窪ギター教室のレッスン地域

【当ギター教室、ギタースクール、ギターレッスンの近隣地域/駅/エリア】 西荻窪、荻窪、吉祥寺、中野、高円寺、ロック、ファンク、パンク、ジャズ、メタル、エレキ、アコースティック、初心者歡迎
お問い合わせページはこちら