ドラム教室の理念、目標

小竹向原のドラム教室/ドラムスクール♪

当ドラムスクールでは上記内容を理念とし、レッスンを行っています。
体験レッスンも行っておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。

体験レッスン実施中

小竹向原ドラム教室のレッスンがオススメできる理由♪

当教室では「音楽を楽しむ」「人前で演奏をしたり、音楽仲間を作ることを応援する」「初心者から上級者まで高いレベルで対応できる」事をレッスンの方針としています。

教室の特徴、おすすめの理由

音楽をもっと楽しむ事がもっと上達するポイントになる♪

「楽器を始めたいけど、何からすれば良いのかわからない。せっかく始めるのなら基礎からしっかりと学んで、早く楽しんで弾けるようになりたい」

「思うように上達できず、挫折してしまった、楽器のブランクができてしまった。でももう一度トライしたい、楽しみたい!!」

「身につけたいテクニック、スキルや知識がある!プロの人から学んでグッと上達したい!自分の弱点を教えて欲しい」

大きく分けると上記のような理由がレッスンを希望する生徒さんには多く見受けられます。

上記のようにお考えの方を最大限サポートし

「楽しむことによって上達を加速させる!!」

それが当音楽教室の目標です! 、、、詳細を読む

講師紹介

講師 水本泰喜 のプロフィール

5歳でピアノを始め、6歳から和太鼓やパーランクー等、様々な打楽器に触れる。10歳の時に練馬区立ジュニアオーケストラのオーディションに合格し、入団したことをきっかけに打楽器全般を昭和音大講師に習う。

在団中にドラムに出会い、15歳から本格的に始め、大学在学中よりプロドラマーとしての活動を開始する。

シンガーソングライターのサポートや、プロミュージシャンとのセッションライブを積極的に行うと共に、CD制作に際するドラムアレンジ、レコーディング、打ち込みなども行う。

オールジャンルで活動しており、得意なジャンルはブラックミュージック全般。

生徒さんへのメッセージ

初心者から上級者、子供から大人まで、どんな方でも大歓迎!

必要なのは音楽とドラムに対する愛情と悩みです(笑)

どんな悩みでも必ず解消していきましょう!!!

コミュニケーションを大事にしながら生徒さんそれぞれに適したレッスンを提供します。一番大事なことは音楽を、ドラムを演奏することを楽しむこと!楽しむことができなければ上達しません!

一緒に音楽とドラムの楽しさを共有したいです!写真では伝わりにくいかもしれないですが、結構まじめな講師なので安心してください(笑)

講師紹介

講師へのインタビュー!

★自分のドラム講師としての特色/強みは何だと思いますか?

【回答】 講師業だけではなく、ライブ活動や音楽制作をしていることだと思います。

ドラム講師としての目線だけではなく、様々な角度から生徒さんの疑問や要望に対してお話しできることが自分の強みですね!

★先生のドラムレッスンの特色、特徴などがあったら教えて下さい!

【回答】 最近どんな音楽が好きなのか等、雑談も交えながら、常に生徒さんの興味ある内容でレッスンをするようにしています。

取り組みたい難易度によってドラム基礎練習のメニューも変えているので初心者のかたも、上級者のかたも任せてください!

★レッスンを通して起こった、良い出来事を教えてください!

【回答】 長く通っていただいている生徒さんで、結婚式でドラムを披露したいと相談がありました。

演奏する曲が非常に難易度が高く、数ヶ月前から準備を初めたのですが、少しずつ出来るようになっていき、結婚式が終わった後に話を伺うと本人もご来賓の方も大満足の出来でうまくいったと報告してもらいました。

一生に一度の大きな行事に貢献することが出来て、ドラム講師としてとても嬉しく思ったのを今でも覚えています。

これからも1回1回のレッスンを大事にしながらドラム上達の手伝いを出来たらなと思います。

★最近ドラムのレッスンで取り扱った内容について、一つご紹介下さい

【回答】 最近は少し複雑なロックビートを解説することが多いです。
両手両足をバラバラに動かすことがドラムは難しいので、まずは体の動かし方の練習を多くします。

シンプルな8ビートもそうですが、一度慣れてしまえば歩いているような感覚でどんなビートも叩けるようになるので、イメージトレーニングは非常に大切です。

★生徒さんから楽器やその他音楽全般に関して、よく聞く「悩み」などはありますか?

【回答】 どうしても力んでしまって、リラックスしてドラムを演奏できないと悩んでる生徒さんが多いです。

パワフルな演奏も、スピーディーでテクニカルな演奏も脱力していることは非常に大切なので力まずに演奏できるような体の使い方をレクチャーしてますよ!

★楽器のレッスンを行う上で悩むこと、難しいと感じることはありますか?

【回答】 生徒さんが伸び悩む時は僕も同じように悩みます。

人によって上達速度も違えば、コツを掴むポイントも違うので様々な角度から教えられるように常にアンテナをはるようにしています。

上達することでより楽器を演奏することも楽しくなると思うので、より効率よく上手くなっていただけるようにメニューも悩みながら考えています。

★最近先生自身が行っている練習などあれば教えて頂けますか??

【回答】 最近は4wayという、両手両足を組み合わせたフレージングの練習をよくしています。ビートの幅も、フィルインの幅も広くなるので、どんなジャンルにも対応できるようにしています。

★ご自身の昔のレッスン内容と今のレッスン内容で何か変えた内容はありますか?

【回答】 以前は自分の経験を元に、なるべく効率よく、を意識していましたが最近はとにかくやりたい曲にガムシャラにチャレンジしてもらうこともあります。

初心者の方は特に、まずは楽しみながらチャレンジして頂いて、感じた疑問や悩みを解決していただくことが、一番楽しみながら上達できる方法かなと思ってます!

 

★講師へのドラムに関するアンケート★

★ドラムを始めたのは何歳の頃でしたか?どのような楽器を最初に所有していましたか?

【回答】 ドラムを始めたのは高校入学した15歳の頃ですね!

父に電子ドラムを買ってもらって家で練習してました!生の楽器を持つのはそれから数年後、、、(笑)

★ドラムを始めた頃はどんな練習をしていましたか?

【回答】 当時ハマっていたバンドの曲をひたすらコピーしてました!

そのバンドのドラマーの動画を何度もみてセッティングや体の使い方なんかも真似してましたね♪

★ドラム以外に機会があれば他にやってみたい楽器はなんですか?

【回答】 全部!と言いたいところですが強いて言うのであればピアノですね!いつか弾き語りとかもしてみたいです!

★ドラム初心者が特に練習するべきだと思う練習内容はなんですか?

【回答】 課題曲を「自分で」決めて練習することだと思います。

基礎練習にしても応用練習にしても、「なんのために練習するのか」をわかっていないと身が入らないと思うんですよね。この曲が叩きたい!

そのためにこういうドラム練習やこの基礎練習に重点を置こう!とゴール地点とそれまでの道のりを決めることが上達への早道です!

★音楽以外の趣味はなにかありますか?

【回答】 自転車で色んなとこに行くことですね!河川敷なんか走ってると無心になれるのでリフレッシュにもなりますし、遠出も億劫じゃなくなるのでおすすめですよ☆

★好きな食べ物は何ですか?

【回答】 肉、魚、野菜わりとなんでも好きですが、強いていうのであれば、、スイートポテトですかね笑何個でも食べれます笑

★今までドラムレッスンをしてきて、最も印象深いことは何ですか?

【回答】 ドラム生徒さんから悩みを聞いた時、色々な言葉でアドバイスさせて頂くのですが、とある言葉がきっかけで何か枷が外れた様に「そういうことか!」と悩みを克服出来たことですね。人それぞれ色んな悩みがありますが、本当にちょっとしたきっかけ1つで克服出来たりもするものなんだなと僕も驚きました笑

★今までレッスンをしてきて、最も良かったことは何ですか?

【回答】 目標としていた曲のドラムが叩ける様になった生徒さんが、次はこの曲やこんな曲を叩ける様になりたい!と目を輝かせてた時、ドラムや音楽の楽しさを共有することが出来て、こんなに幸せなことはないなと感じました!泣

★今までレッスンをしてきて、残念だったことは何かありますか?

【回答】 お仕事の都合や、ドラム以外に他に興味のあることが出てきたりなどの理由で、レッスンを辞めてしまう方もいます。

ある程度はしかたのないことなのですが、そういった生徒さんに対しては「力になれずに申し訳ない」という気持ちになることもあります。音楽やドラムの楽しさを最大限伝えられる講師になれるよう、日々精進です!

★好きな映画などがあったら教えて下さい!

【回答】 見たのはかなり昔なのですがドラムラインという映画を見た時は衝撃を受けました!マーチングバンドを題材にした映画なのですが、音楽好き、特にドラム好きには一見の価値ありですよ♪

★人前でドラムの演奏する時は緊張しますか?何かこころがけていることはありますか?

【回答】 僕はどんなライブでも、人前で演奏するときは緊張します。ドラムを始めた当初は特に自信の無さからくる緊張で焦りや不安を感じることもありました。

今では演奏する時は音楽と自分の演奏を楽しむことを心がけているので緊張することをあまり気にしなくなりました♪

★楽器は初めから高いものを購入したほうが良いと思いますか?

【回答】 高い楽器だから上手く演奏できるということは無いので、楽器をはじめる際はインスピレーションで選んでしまっても、予算に応じて安い楽器を選んだとしても気にしなくてもいいと思います。

安い楽器でも大切に使って練習すれば、間違いなくオンリーワンの相棒になってくれると思いますよ!

★過去にドラムレッスンを受けていたことはありますか?それはどんな場所でしたか?

【回答】 僕はセッションでお会いしたプロドラマーの先輩に一目惚れしてその場でレッスンをお願いして、それ以降はご自宅に伺ってレッスンしてもらっていました。

★過去にレッスンを受けていた先生はいますか?それはどんな人でしたか?

【回答】 何人もいます。皆プロドラマーとして現場の第一線で活躍されている方々で、ドラムのことはもちろん様々なことを教えていただきました。

★カラオケには行きますか?得意な曲はありますか?

【回答】 良くいきます(笑) 上手とは全く言えないですが、趣味として音楽を楽しめるので好きです♪

 

 

コラム 独学でドラムの練習をしている人によくあるトラブル、問題点などはありますか?

楽器を演奏する上で、フレーズにしても奏法にして明確な「正解」「不正解」はありません。

みんな違う好みを持っていて、それぞれ表現したいもの、体感したいものも違うと思います。

あくまでこの点を尊重しながらレッスンを行いますが、良いフォーム、悪いフォーム。曲にあったフレーズ、曲にあわないフレーズ。これは明確にあります。

独学の方がぶつかる壁は大半が「スピードアップができない」「特定のフレーズが一行に叩けるようにならない」「なんか曲にしっくり合わない」

こういったところだと思いますが、

最大の問題点は「なぜか?」がわからないという点です。

それは客観的にみれば力んでしまっていたり、ダイナミクス(強弱)の付け方を誤っていたりとすぐわかるものなのですが、ドラムという楽器は性質上、演奏しながら自分を客観的にみるということが非常に難しい楽器ですので熟練者でもなかなか自分の問題点を自覚することは難しいです。

僕自身「型にはまった演奏」というものがとても嫌いなので長年人に習うことは嫌厭してました(笑)

基本的には自分が気持ちの良い演奏、フレーズをチョイスしていくのがベストだとは思いますが、その結果一緒に音を出している仲間や聴いてくださってる人が気持ち良くなかったら自己中心的な演奏になってしまいますよね。

客観的な情報、アドバイスに耳を傾けながら自分を見失わない。これが上手な習い方だと僕は思います!

コラム ずばり、ドラムレッスンを受けることの一番のメリットは何でしょうか?

ずばり「発見!」です。独学だと教則本などにのってる基礎練習をただなんとなく行っているだけでマンネリしていませんか?

そのドラムの基礎練習はなんのためにしていますか?どういう点に気をつけながら基礎練習をしていますか?フレーズがなかなか叩けるようにならないのはなぜですか?フレーズを叩くために必要な基礎練習が行えてますか?etc…

質問をいっぱい羅列しましたが(笑)。

実は「ただ」練習を行っていても効率よく上達はできません。

毎日の練習はなんのためにおこうなうのか、自分はどういう悪い癖があるのか考えながら発見していくことが早い上達につながります。

ドラムの上達が早いと自然と演奏するのが楽しくなります。だって演奏すれば演奏するほど上達するんですもの!!

逆に効率の悪い練習をしてしまってなかなか上達できないとどんどんつまんなくなっていきます。だって上手くならないんですもの!!

せっかく楽器を演奏するのだから上手くなりたいですよね?上手くなればなるほど色んな景色が見えるようになってさらに音楽というものを楽しむことが出来ます!

悩むよりはまず体験レッスンを受けてみませんか?ドラム、音楽はあなたの思っている以上に面白くて楽しいものですよ♪

 

大人のドラム初心者にも、ジャムセッションがおすすめな理由

「ジャムセッション、なんて上手な人が行く場所でしょう?」と初心者ドラマーさんは思うかもしれません、、

ですが逆に、「大人でドラムを始めた人ほどセッションに行くのがオススメ」な理由を下記の記事で紹介してみましたので、是非ご覧ください!

大人の楽器初心者(ギター、ベース、ドラム等)は、ジャムセッションというものに行ったほうが絶対に良い理由!!

ドラムって、絶対的に一人だけで練習しているよりも、他のパートの人と一緒に演奏したほうが楽しい楽器ですよね、、

でも大人になってから楽器を始めた場合はなかなかそんな仲間が見つからないものです、、、

ジャムセッションに行って、ドラムを演奏する機会、そして音楽仲間を探しましょう!!

「行って初めて、ドラムの楽しさがわかった!!」と言っている人も多いですよ!!

 

ドラマー用、自宅練習用のパッドについて

自宅でドラムの練習が出来る人なんて日本にはほとんどいないですよね、、

もしいれば、お近づきになりたいです。広い家、防音のある家、ドラムの演奏、練習ができる家、、憧れます(笑)

ですので、ほとんどの方にとっては練習用パッドがドラマーの家練習でのお供として必須になっているはずです。

 

今回はその練習用パッドについて解説します!!何を強化したいのか、によって、選ぶポイントは異なってきますよね!

1メッシュなどの消音効果の高いパッド。

→跳ね返りが強く、打感は本物のドラムとは異なりますが、消音性はとても高くオススメです。正直、パッドの「タカタカ」という打音は以外と音抜けがよく、深夜どころか夜9時以降は正直を気を使いますからね、、

2ムーンジェルタイプなどの、手首の強化にテキしたパッド

→こちらのタイプだと跳ね返りが少ないため、跳ね返りに頼らない演奏がしやすいはずです。手首の強化にも役立つでしょう。

3実際のドラムの叩き感に近いパッド(プラタパッド)

→やはり、実際のドラムと感覚が近い、というのは大きなメリットですよね。多くのタイプのパッドがその点を重視していると思われます。

優れたドラマーになるために、ご自身の理想に近いパッドを探してみて下さい!それではまた♪

ドラムコラム 身体への負担を減らす、ストレッチをしよう。

ドラマーはギター、ベースとは異なり、座っての演奏が基本となりますよね。

まれにスタンディングで演奏するドラマーもいますが、、、今回は触れないでおきます(笑)

そのため、ドラマーは腰や背中への負担が大きく、長年続けているドラマーなどは腰痛持ちが多かったりします。

知り合いのプロドラマーも苦労している方は多いです。

まぁ、若い方はまだ関係が無い方も多いと思いますが、いずれにしろ、長くドラマーとして楽しんでいくにあたって、健康であることに越したことはないですよね?(^^)

ついドラムの練習中は集中する余り、同じ姿勢のまま長時間が過ぎていた、、ということもあるかと思います。

同じ姿勢のまま数時間腰などに負担がかかっているとやはり何か身体のトラブルの原因になりやすいです。

演奏前、演奏後、そしてできれば長時間演奏するのであれば、その間に休憩をとって、ストレッチを行い、身体をほぐすようにして下さい。

腰や背中はもちろん足、手首など全体的なストレッチをする習慣をつけて、

いつまでも長くドラムを楽しめるような習慣にしましょう!

 

 

体験レッスン実施中
※お問い合わせを頂いた方から優先してレッスン枠が埋まってしまいますので、レッスンご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい!ご希望のレッスン時間がある場合は特にお急ぎ下さい。

小竹向原ドラム教室のレッスン地域

【当ドラム教室、ドラムスクール、ドラムレッスンのエリア/特色】初心者歡迎、ロック、ファンク、ジャズ、ブルース、体験レッスン有り、楽しむことが最優先!優しく丁寧に教えます!
お問い合わせページはこちら