ギター教室の理念、目標

茨城県 古河市のギター教室/ギタースクール♪

当ギタースクールでは上記内容を理念とし、レッスンを行っています。
体験レッスンも行っておりますので、気軽にお問い合わせ下さい。

体験レッスン実施中

茨城県 古河市ギター教室のレッスンがオススメできる理由♪

当教室では「音楽を楽しむ」「人前で演奏をしたり、音楽仲間を作ることを応援する」「初心者から上級者まで高いレベルで対応できる」事をレッスンの方針としています。

教室の特徴、おすすめの理由

音楽をもっと楽しむ事がもっと上達するポイントになる♪

「楽器を始めたいけど、何からすれば良いのかわからない。せっかく始めるのなら基礎からしっかりと学んで、早く楽しんで弾けるようになりたい」

「思うように上達できず、挫折してしまった、楽器のブランクができてしまった。でももう一度トライしたい、楽しみたい!!」

「身につけたいテクニック、スキルや知識がある!プロの人から学んでグッと上達したい!自分の弱点を教えて欲しい」

大きく分けると上記のような理由がレッスンを希望する生徒さんには多く見受けられます。

上記のようにお考えの方を最大限サポートし

「楽しむことによって上達を加速させる!!」

それが当音楽教室の目標です! 、、、詳細を読む

講師紹介

講師 佐藤 昂 のプロフィール

14歳でエレキギターを初め、コピーバンドなどの活動し、
高校卒業後、東京スクールオブミュージック専門学校・プロミュージシャンコース・ギター科に入学し生徒として二年間、
卒業後は研究生として一年間、音楽知識とギター演奏の技術を学ぶ。

その後は東京スクールオブミュージックの講師の一人である中田 雅敏氏に7年間ほど師事を受けながら
多くのライブハウスで様々なセッション活動をし、幅広い音楽ジャンルの演奏を身に着ける。

その途中、中田 雅敏氏からDTMと作曲の技術も学び、
ニコニコ動画などに自作曲を投稿し、同人音楽の合同CD制作企画などにも声をかけられ複数参加。

生徒さんへのメッセージ

楽しく優しく教えます!!講師と一緒にギターを楽しましょう♪!!

講師紹介

講師への楽器に関するアンケート

★ギターを始めたのは何歳の頃でしたか?どのような楽器を最初に所有していましたか?

【回答】 中学二年の時、親がどこかから持って来たオモチャみたいな
小さいアコースティックギターが始めでした

それまでは音楽にほぼ興味が無かったのに 気が付いたらお年玉でヤマハのエレキギターを買ってました♪

★ギターを始めた頃はどんな練習をしていましたか?

【回答】 前述の通り音楽に興味が無かったのでギターがどんな音でどんな演奏をするのかも分からないまま教則本に乗っているコードと課題曲(知らない曲)を弾いてましたが、あるときスモークオンザウォーターのギターリフを弾いてみて、ようやくギターというものを少し理解できました♪

★機会があればギターの他にやってみたい楽器はなんですか?

【回答】 二胡とかですね、一人でゆっくりと弾いていたいです♪

★初心者が特に練習するべきだと思うギターの練習内容はなんですか?

【回答】 最初の「音が出る!楽しい!」を忘れない事だと思います!

地道な練習も大切ですが、そればかりだと音楽ではなくなります。
最低でも一日一回は難しい事を忘れてギターの音を楽しみましょう!

★音楽以外の趣味はなにかありますか?

【回答】 読書です。森博嗣と京極夏彦が好きです♪

★好きな食べ物は何ですか?

【回答】 食べ物ではありませんがコーヒーには凝っています ♪

★今までギターレッスンをしてきて、最も印象深いことは何ですか?

【回答】 初めてギターを触る生徒さんが初めてコードを鳴らした時の
笑顔が印象に残っています♪

★今までギターレッスンをしてきて、最も良かったことは何ですか?

【回答】 生徒さんから「ここに来てから、好きな音楽の幅が広がった」と、言ってもらえてた事です。

自分の理想ですが生徒の方の人生の中で楽しみを増やすことなので、一つそれを叶えられたのかな、と思いました!

★今までギターレッスンをしてきて、残念だったことは何かありますか?

【回答】 幸いな事に今の所はありません。
自分の予想通りにレッスンが進まなかったりする時でも、 見直してみると新たな発見があり、それを次のレッスンに活かせるように日々心掛けています♪

★好きな映画などがあったら教えて下さい!

【回答】 「コマンドー」は毎回見てしまいます(笑)

ギターコラム どんな演奏が【かっこいい】のかよく考えよう!

かっこいいギター演奏ってどんなギターでしょうか?言葉で説明すると難しいですよね。

正直、ギターの魅力って「見た目」の部分の影響も多いし、

派手な演奏、テクニカルなものだったり、メロディアスなものがかっこよく見えることは多いですよね?

でもここで確認したいのですが、「かっこいい」演奏が「上手な」演奏とは限らないのです。逆もまた然りですが、、、

何がいいたいのかというと、「かっこいい」ことのみに憧れていると、「上手な、うまい」演奏には近づいていないことがあるんですよね。

・早弾きの練習ばかりをしている

・機材いじりばかりしている。

・メトロノームの練習をせず、よくドラマーに注意されている。

上記のようなギタリスト、見たことないでしょうか?もしくは自分自身に心当たりがあったりとか、、(笑)

まぁ、目立ちたいと思って練習することは大切なことなので、「かっこいい」にこだわることはそれはそれで大切なことだと思います(^^)

ただし、特に「リズム」の悪い演奏をしていると、仮に早弾きが上手なギタリストでも周りの評価は上がらず、、、

しまいには「あいつは上手いけどアンサンブルが下手だ!」などという評判が立って、バンドやアンサンブルに誘ってもらえなくなるかもしれません。

仮に「かっこいいギター演奏をもっとしたい」と思っていても同時に「上手い必要もある」という認識を持つことが大切ですね!

例えば、見た目、ルックスやテクニカルな部分が先行していたとしても、歴代のギターリスト達は「リズム感」「基礎力」など、自分が表現したいことに関しては凄まじく「上手」な人しかいないのです。

基礎練習(特にリズムの練習)を軽視せず、「かっこよさ」にも「上手さ」にもこだわって、スーパーギタリストを目指しましょう!

初心者のギタリストさんも同様に、バランスの良い練習をしていると、上達してギターを弾くのがどんどん楽しくなりますよ!

効率のよい練習の方法については気軽にお問い合わせ下さい(笑)それではまた!(^^)♪

 

ギターコラム 練習メニューは目標から逆算して決めよう!

ギター初心者の人でも、中級者~上級者の人でも、

目標が全くない、というのはありえないのです。(断言(笑))

たまに「私は特別目標とかは無いんですよ~~」とおっしゃる方がいますが、そんなことはありません。

必ず目標、言い換えればギターを通して「やりたい事、やってみたい事」があるはずです。

ギターを買った時、始めた時、どんなきっかけがありましたか?

「友達がギターを弾いていて自分も弾きたくなった」のなら、その友達が弾いていた曲を同じように弾きたいと思ったはずです。

もしその友達がライブをやっているのを見たのなら、その友達同じような環境で弾いてみたいと思ったはずです。

「テレビで好きなミュージシャンを見てギターが弾きたくなった」のなら、その曲を弾けるように、もしくはそのミュージシャンのようなバンドを組んでみたいはずです。

上記のような目標、やりたいこと、はかなり具体的な例ですが、

「ソロギターでギター一本での演奏が出来るようになりたい」
「キャンプでアコースティックギターを持って行って、みんなで歌いたい」
「自分の曲を作ってみたい」「バンドを組んでみたい」「駅前でストリートで歌っている人の真似をしてみたい」
「ギターのコンクールやコンテストに出てみたい」「ギター動画をアップしてみたい」

色々な事を、ほんの少しは考えてみたことがありませんか?一瞬ちらっと思ったことがある方がほとんどなはずです。

ただ「自分にはムリだろう」「自分には向いていない」「そこまでやりたいわけじゃない」「努力するための時間がない」

などのネガティブな情報によって、「目標の芽」「目標のかけらたち」を潰してしまっているのだと思います。

せっかくギターを始めたのにもったいないですよね?せっかく始めた楽器、「最大限楽しむための習慣」をつけられたら本当に素晴らしいことです!

大切なのはなるべくそれを具体的にイメージして、楽しみにすることです。友人などに「口に出して話してみること」によって、自分の頭のなかでも具体的なイメージが湧いてきますよね?

やりたい事、目標は口に出したり考えることを繰り返せば繰り返すほど、楽しみになってきます。ワクワクが強くなってきます。

そうして目標が具体的になってきたらその目標に近づくためのギターの練習を設定します。

そうすると、その練習自体が目標に近づくための具体的な工程に思えて、楽しくなるんですよね!

ギターの講師っていうのはその工程を導き出すためのアドバイザーなのでは?と最近感じています。

逆にネガティブな事を考えれば考える程、口に出せば出すほど、ギターの練習も演奏も、楽しくなくなってしまうんですね。

是非、目的をはっきりと作り、それを口に出す習慣をつけて、そこから逆算して練習をする癖をつけましょう!

ギターの演奏をもっと楽しむため、参考にして頂ければ幸いです♪

世界中の様々なプレイヤーの演奏を聴こう

最近、ギターの練習でyoutubeを利用したりします。

「backing track」などで探索をかけると

様々なジャンルの様々なKeyのバッキング音源が

youtube向けに投稿されているからです。

それらを流しながらギターソロなりバッキングを演奏するのもいい練習になりますが、

動画を探してみると、そのバッキングトラックに合わせて

世界中のギタープレイヤーが演奏している動画などもあります。

勿論、内容はピンキリですが。うまい下手にかぎらずそれらを沢山聴く事は、いい刺激になります。

ワンセッション全てをコピーするのは難しいですが、

ギターソロの入りや気になった部分を薄っすらとなんとなくでいいのでマネしてみるといいでしょう。

JAZZのスタンダード曲の伴奏音源も数え切れないほどあるので、

スケールや理論は分かるが、その通りに弾いてみてもJAZZらしいソロにならない、

と悩んでいる方には次の方法がおススメです。

JAZZのスタンダードはワンコーラスが短い曲が殆どです。

お手本にしたい、ワンコーラスだけを聴きこんで、

ギターソロの流れを頭の中で再生できるぐらい、できれば口ずさめるまでにし。

ゆっくりで何とくなくでいいので、マネをしていけば、

JAZZっぽい音使いのイメージが記憶に蓄積されていくことでしょう。

 

体験レッスン実施中
※お問い合わせを頂いた方から優先してレッスン枠が埋まってしまいますので、レッスンご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい!ご希望のレッスン時間がある場合は特にお急ぎ下さい。

講師紹介

講師 佐藤 昂 のプロフィール

14歳でエレキギターを初め、コピーバンドなどの活動し、
高校卒業後、東京スクールオブミュージック専門学校・プロミュージシャンコース・ギター科に入学し生徒として二年間、
卒業後は研究生として一年間、音楽知識とギター演奏の技術を学ぶ。

その後は東京スクールオブミュージックの講師の一人である中田 雅敏氏に7年間ほど師事を受けながら
多くのライブハウスで様々なセッション活動をし、幅広い音楽ジャンルの演奏を身に着ける。

その途中、中田 雅敏氏からDTMと作曲の技術も学び、
ニコニコ動画などに自作曲を投稿し、同人音楽の合同CD制作企画などにも声をかけられ複数参加。

生徒さんへのメッセージ

楽しく優しく教えます!!講師と一緒にギターを楽しましょう♪!!

講師への楽器に関するアンケート

★ギターを始めたのは何歳の頃でしたか?どのような楽器を最初に所有していましたか?

【回答】 中学二年の時、親がどこかから持って来たオモチャみたいな
小さいアコースティックギターが始めでした

それまでは音楽にほぼ興味が無かったのに 気が付いたらお年玉でヤマハのエレキギターを買ってました♪

★ギターを始めた頃はどんな練習をしていましたか?

【回答】 前述の通り音楽に興味が無かったのでギターがどんな音でどんな演奏をするのかも分からないまま教則本に乗っているコードと課題曲(知らない曲)を弾いてましたが、あるときスモークオンザウォーターのギターリフを弾いてみて、ようやくギターというものを少し理解できました♪

★機会があればギターの他にやってみたい楽器はなんですか?

【回答】 二胡とかですね、一人でゆっくりと弾いていたいです♪

★初心者が特に練習するべきだと思うギターの練習内容はなんですか?

【回答】 最初の「音が出る!楽しい!」を忘れない事だと思います!

地道な練習も大切ですが、そればかりだと音楽ではなくなります。
最低でも一日一回は難しい事を忘れてギターの音を楽しみましょう!

★音楽以外の趣味はなにかありますか?

【回答】 読書です。森博嗣と京極夏彦が好きです♪

★好きな食べ物は何ですか?

【回答】 食べ物ではありませんがコーヒーには凝っています ♪

★今までギターレッスンをしてきて、最も印象深いことは何ですか?

【回答】 初めてギターを触る生徒さんが初めてコードを鳴らした時の
笑顔が印象に残っています♪

★今までギターレッスンをしてきて、最も良かったことは何ですか?

【回答】 生徒さんから「ここに来てから、好きな音楽の幅が広がった」と、言ってもらえてた事です。

自分の理想ですが生徒の方の人生の中で楽しみを増やすことなので、一つそれを叶えられたのかな、と思いました!

★今までギターレッスンをしてきて、残念だったことは何かありますか?

【回答】 幸いな事に今の所はありません。
自分の予想通りにレッスンが進まなかったりする時でも、 見直してみると新たな発見があり、それを次のレッスンに活かせるように日々心掛けています♪

★好きな映画などがあったら教えて下さい!

【回答】 「コマンドー」は毎回見てしまいます(笑)

 

始めてのギター購入のアドバイスも行います!

ギターをこれから購入し、始めようかと考えている方には
音楽の好みやご予算などをよく聞いて、ギター、アンプ選びから相談にお乗り致します。
(こちらは一度でもいいのでレッスンを受けてくださることに了承してくださった方へのサービスとなります)

初心者の方には、まず、基本的な技術(コード、ストローク、ソロ)や、
音楽の基礎(楽譜の読み方。8ビートや16ビートの取り方)などを丁寧に教えます。
そして、まずは一曲、初心者向けのスタンダード曲を、弾ける事を目標とします。
それから、生徒の方の目指す方向に応じて、学ぶジャンルの曲とテクニックを簡単なものから
一つ一つ学んでいって頂きたいと思います。

中級者の方には、より高い精度で引くためにメトロノームを使った日々の正しい基礎トレーニングや、
アドリブソロのやり方(スケール練習、コード理論)などを学んで頂きたいと思います。
ジャンルに応じた、上・中級者向けの曲にも挑戦していきます。

また、初心者、中級者に問わず。目標として演奏したい曲などありましたら、
それを演奏出来る様になる為の難易度やカリキュラムなども相談に乗ります。

世界中の様々なプレイヤーの演奏を聴こう

最近、ギターの練習でyoutubeを利用したりします。
「backing track」などで探索をかけると
様々なジャンルの様々なKeyのバッキング音源が
youtube向けに投稿されているからです。

それらを流しながらソロなりバッキングを演奏するのもいい練習になりますが、
動画を探してみると、そのバッキングトラックに合わせて
世界中のプレイヤーが演奏している動画などもあります。
勿論、内容はピンキリですが。うまい下手にかぎらずそれらを沢山聴く事は、
いい刺激になります。
ワンセッション全てをコピーするのは難しいですが、
ソロの入りや気になった部分を薄っすらと
なんとなくでいいのでマネしてみるといいでしょう。

JAZZのスタンダード曲の伴奏音源も数え切れないほどあるので
「スケールや理論は分かるが、その通りに弾いてみても
JAZZらしいソロにならない」、と悩んでいる方には次の方法がおススメです。
JAZZのスタンダードはワンコーラスが短い曲が殆どです。

お手本にしたい、ワンコーラスだけを聴きこんで、 ソロの流れを頭の中で再生できるぐらい、できれば口ずさめるまでにして、 ゆっくりで何とくなくでいいので、マネをしていけばJAZZっぽい音使いのイメージが記憶に蓄積されていくことでしょう。

 

セーハコードの押さえ方のコツ

最初の難関であり、挫折の理由NO1のセーハーコードとギターのコンディション

ギターを始めた多くの方が、初心者向けの教則本を開き、
最初はCメジャーのオープンコードから始まり、
Gメジャー…Aマイナー…とゆっくりながらも弦を押さえて音を鳴らしていくのかと思います。

しかし、Fメジャー!これが、押さえてみても弦がならない!
指と腕が痛くなる!
ひとまず、Fは飛ばして、今度は五弦ルートのBマイナーもしくはメジャー、これも音が鳴らない抑えられない!

これらセーハーコードと言われる、人差し指一本で1~5弦、
または1~6弦を同時に押さえるコードフォームは
誰でも経験するギターの最初の壁と言えるでしょう。

そんなセーハーコードの練習を続けても中々、上達しない方々におススメするの上達法、 というより意外な事実があります。

まずは1フレットでFメジャーの形を作ってみましょう、そして弦を押さえずに、
指の形を保ったままフレットを上昇…、

8フレット辺りで弦をそのまま押さえて弾いてみましょう。どうですか?
いつもより簡単にセーハーコードを鳴らせませんでしたか?
鳴らせないまでにしても、いつもより腕や指の負担が少ないと感じられたと思います。

なぜ、その様な事になるか、それは人体の構造と、ギターの構造からなるものだからです。

まずは人体の構造。これは僅かですが腕が開いた状態と腕が閉じた状態では、
腕が閉じた状態のほうが手に力を籠めやすいからです。

次に記述するギターの構造からなるセーハーコードを押さえられない理由、これが一番の上達の妨げなるかと思います。
結論から書かせて頂くと、弦は端っこになればなるほど固くなっていきます。
竹串を想像してみてください。
串の中心は簡単にしならせる事ができますが。端の方をしならせるのは難しいです。
故にセーハーコードのコツを掴むまで、
同じフォームのまま、8フレット…10フレット…5フレットと、
平行移動で順番にコードを押さえ音を鳴らしいき、力の抜き方を覚えていくといいでしょう

それでも中々、上達できない方は、ギターの状態が悪いのかもしれません。
実際、私も状態の悪い、もしくは調整されていない弦高の高いままの新品のアコースティックギターなどで
Fを押さえるのは中々大変です。
このようにギターの状態は、時にいらぬ障害を生み出し、上達の妨げになる事があります。
例えばフレットがすり減っていたりするとスムーズなチョーキングビブラートが難しくなったりします。

初心者の方でも一度、ギターのリペヤショップや楽器店で
ギターの調整をしてもらうと上達の近道になるかと思います。

クリップ式チューナー

スムーズな練習の為に、クリップ式チューナ!

ギターのヘッドなどにワンタッチで取り付けるクリップ式チューナー、
皆さんは見たことがありますでしょうか?
今回はそれのお話をしようかと思います。

ギターソロの練習中、チョーキングをやったら弦のチューニングがずれた。
気合を入れてギターの練習を始めて一発をコードを鳴らしてみたら不協和音が聞こえた。

それでアンプからシールドを外し、チューナーを取り出して
シールドをチューナーに差してチューニングを始める。

う~ん…、集中や気合が萎えてしまいます。時間もちりも積もれば山となる、
日々の練習を重ねる内に大きなロスになってしまいます。

そしてバンド練習などでシールドの抜き差しを繰り返しては、他のメンバーに悪い。

そんな時にクリップ式のチューナーがあると非常に速やかにチューニングができます。
このクリップ式チューナー、私は初め見た目が悪いと敬遠してきましたが
使ってみると非常にストレス要らず、練習により集中できるようになりました。

レッスンの時なども自分は生徒の方にクリップ式チューナーを貸し出しています
お金を頂いている貴重な時間、無駄にはできませんからね。

自分はKORG AW-3G WH PitchHawk-G クリップチューナーという2000円程度の物を使っていますが、
製品によっては1000円以内で買える物もあるようです(性能や耐久性は保障できませんが…)、

クリップ式チューナー、皆さんも一度お試ししてはいかがでしょうか?

レッスンを受ける、メリットとは?

ギターや楽器の上達の上で一番怖い事は
間違った練習を延々と続けてしまうでしょう、
どんなに長時間練習を続けても、得られるのは満足感だけで
実際は殆ど効果がないという事はよくあります。

私も昔はリズム感が悪く、
一日中、メトロノームのテンポをいじりながら
同じようなリフや伴奏を正確に弾くような練習をやっていました、
満足感だけはあった為、大体、一年間ほどやり続けた事があるのですが
今思えば、費やした時間ほどの効果は得られなかった思います。

その後、適切な練習を得て、良いリズム感を得ることができましたが、
効率の悪い練習をしている間に、曲を通して弾く能力やソロを弾く能力が退化してしまいました。

日々の練習で大切な事は、練習の内容によって得られる物をハッキリと理解する事だと思います。
努力は自分を裏切らないと言いますが、間違った努力は簡単に自分を裏切ります。

レッスンを受ければ。講師の試行錯誤の経験による、
何かの目的を達成するための効率の良い方法を学べると思います。

自分で悩みながら試行錯誤をする事も大切な事だと思いますが、
音楽と言うのは書いて字の如し、音を楽しむ事です、
ですが、演奏を楽しめるようになるにはそれなりの練習が必要です。

これからギターを始める方、まずは気軽にワンフレーズ、それを効率よく会得し、ギターを楽しんでみませんか?

 

 

茨城県 古河市ギター教室のレッスン地域

【当ギター教室、ギタースクール、ギターレッスンのエリア/特色】初心者歡迎、ロック、ファンク、ジャズ、ブルース、体験レッスン有り、楽しむことが最優先!古河、古河市、東北本線、新古河、栗橋
お問い合わせページはこちら